このブログで1番読まれている記事はこちら

【副業webライター】記事作成にかかる時間と報酬

webライター

どうも、英語系複業ワーママ・まみです。

現在、複数の仕事をしています。

その1つが在宅webライター。

 

webライターは出産後に副業で始めました。

書いた記事数は2年で約250記事。

フルタイム勤務や子育ての隙間時間を

使って細々と続けています。

 

webライターは未経験だけど大丈夫?
報酬はいくらくらい貰えるのかな?

この記事で、このような疑問にお答えします。

  • webライターになりたい方、興味がある方
  • 自分の案件と比較したい方

に読んでいただけると幸いです。

 

実際に執筆にかかる時間や報酬など

副業でwebライターをしている経験を

赤裸々に公開していきます!

参考にしていただけると嬉しいです。

それでは、子育ての合間にサクっといってみよう♪


副業webライターの報酬は?

webライターの求人は、大抵

CrowdWorks(クラウドワークス)

利用して見つけています。

最初はCrowdWorks(クラウドワークス)

ランサーズなどクラウドソーシングを

使うと簡単に仕事が見つかります。

 

その代りと言っては何ですが

未経験者向けの安い案件も多いです。

webライターの平均報酬は3,000文字で1,500円

報酬はクライアントによって様々なので

きっちり〇円と言いにくいのですが

3,000文字1,500円が平均かと。

 

もちろんジャンルやライターの

経験値によって報酬はピンキリです。

私が利用しているCrowdWorks(クラウドワークス)では

未経験者で1文字0.5~0.7円ぐらい

が平均的な報酬額です。

クラウドワークスの求人画面。 不動産や金融は比較的単価が高い。

 

webライターの報酬は内容に見合っている?

webライターは、記事数をこなして

経験値が上がると報酬もアップします♪

 

1文字5円以上の高額報酬もあります。

実績があれば値段交渉もしやすいです。

経験が浅いうちは、サポート体制が整っている

クライアントにお世話にって勉強しましょう。

 

SEO対策や言い回し、読まれやすい構成など

マニュアルが用意されていたり

編集さんサポートしてくれる案件も多いです。

 

最初に応募した案件は

4,000~5,000文字で400円でした。

しかも画像も自分で探して…

今思えば「安すぎる!」のですが

当時はそこまで知識がなく…

 

何より、記事を自分で書き上げたこと

掲載されて読まれることが嬉しくて

期待に応えようと頑張って書きました

でも、やはりお金にならなくて

3記事書いて力尽きてしまいました。

webライターは未経験でも大丈夫!

クマちゃん
クマちゃん

webライターの経験はないです。

こんな私でも仕事はありますか?

管理人まみ
管理人まみ

はい、未経験でも応募できる案件があります。

大丈夫、未経験者でも書けます!

正確には、書けるようになります、かな。

webライターの求人を見てみると

未経験者歓迎」とか「編集者がしっかりサポート!」など

ライティング経験がない人でも応募できる案件が多数あるんです。

ちなみに私はクラウドワークスから仕事を受注しています。

経験を元に記事を書く

それに、書く経験はなくても実体験を文字にすることはできます!

例えば「子育て」や「妊娠・出産」について。

当然、ママなら誰でも経験していることです。

この実体験を、今まさに困っているママに情報提供するんです。

具体的に言うと「夜泣き」で悩んでいるママに

自分が実践した夜泣きの止め方を紹介するんです。

 

他にも「美容・健康」は、大抵の人が経験しています。

私はwebライター歴約2年で、CrowdWorks(クラウドワークス)しか使ってませんが

このジャンルの求人は本当によく見かけます。

商品の評判・口コミを参考にしたい人が多いからでしょう。

そして、アフィリエイトとして商品を売って

収益を上げたいクライアントが多数いるからです。

上手な文章より伝わる文章

やはり、実体験を元にしたテーマは書きやすいです。

自分の中にベースがあるから。

そして経験を元にした内容は、読者にも伝わりやすいもの。

文章のうまい・ヘタは別問題。

大切なのは「読者に伝わっていること」です。

そう言った観点からもまずは

自分が書けそうなテーマから応募してみることをおすすめします。

1記事完成させるのに平均3時間

私は、3,000文字~6,000文字の記事に平均3時間かかります。

周りに比較対象は居ませんが、書くのは遅い方だと思います。

お店の情報を探したり、InstagramやSNSから

画像や口コミを探したりするともっとかかります。

管理人まみ
管理人まみ

1日2日で書き上がらないこともあるで。

「書きたいテーマ」と「書けるテーマ」は別物や…

書きやすいテーマならサクっと仕上がるけど

書きにくいテーマや気分が乗らないテーマは

数週間かけてちまちま進めていくことも。

メリット:好きな時間に執筆できる

ただ、webライターのメリットとして

「好きな時間に好きな場所で執筆できる」があります。

ワーママや副業ライターにとって、これはとても有り難いこと。

そもそも子育てと仕事の隙間時間を使って完成させていくので

ある程度日数がかかるのは仕方ないと思っています。

しかし、数をこなさないと経験値も報酬も伸びません。

あまりに時間がかかるようなら

テーマやジャンルを絞った方が良いですね。

慣れても速くは書けない

2016年秋にwebライターを始めた私。

約2年続けて、書くスピードは速くなったか?

管理人まみ
管理人まみ

それが全然速くなってないんねん!

残念やけど、これが現実や~

 

 

残念ながら慣れてもスピードは速まりません。

要領は良くなると思いますが

所要時間は自分の知識、経験、クライアントが

求める内容によって依然バラバラです。

 

webライターを始めた頃に1時間足らずで

書き上げた記事があれば、今でも数日かかる記事もあります。

クラウドワークスなら、条件が明記されている求人も多いので

応募する際の目安になりますよ。

継続案件で効率良く書く

情報社会の今、日本のwebライターは不足しているそうです。

クライアントも良質な複数のライターと

コンスタントな記事提供を求めています。

そこで注目すべきは「継続案件」です。

継続案件とは?

同じクライアントから毎月若しくは毎回
継続的に執筆依頼をいただくこと

いくつか記事を書いていると、クライアントが

求めている内容や使いまわしが見えるようになります。

また、各クライアントの執筆ルールにも慣れます。

そうすると、構成を考えたり修正したりする時間の短縮が可能に!

 

また、新しい案件に応募→採用まで時間が省略できるので

執筆作業そのものに時間を使うことができます。

クライアントはどんな内容を求めているのか

読者に有益な情報は何か?を考えて書くと

自ずと継続案件は増えていくはずですよ。

 

まとめ

正直に執筆の所要時間や報酬を書きました。

改めて書いたら、結構な所要時間を使って

一記事一記事書いていることに気付きました。

時給換算したら激安なので、やめておきますが(笑)

子育てをしながらできる副業としては

時間や場所の縛りがなくとてもやりやすい仕事です。

朝、子供が起きるまでに書く。

帰宅途中コンビニの駐車場に車を停めて書く。

隙間時間を使ってスキルアップ&報酬アップを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました