このブログで1番読まれている記事はこちら

【副業・webライター】”優良webライター”は得意分野でジャンルを絞る

Advertisement
webライター
この記事は約6分で読めます。

どうも、英語系複業ワーママ・まみです。

在宅webライターを始めたのが2016年秋。

それ以来細々と、250記事以上を書いてきました。

管理人まみ
管理人まみ

30記事納品した月もあったけど

基本ほんまに細々とやねん。

月平均7記事ってとこやね~

 

フルタイムの仕事に加え、副業で英語講師や

子育てをしながらwebライターを続けた2年間で

250記事以上書けたことは、自分の中では快挙です!

しかも、そのうち9割が継続案件。

これは相手にとって満足のいく記事を納品できている証拠。

そこで今回は、webライターの知識ゼロだった私が

優良ライターになれたある秘策をこっそりお伝えします!

って、タイトルに出てるし、秘策でも何でもないけどー!(笑)

それではサクっといってみよー♪

Advertisement

webライターとしての得意分野を見つける

私たちはみんな、誰でも得意なことや好きなことがあります。

良質な記事を書くには、得意分野を見つけることが大事。

ただし、日常生活での得意なことではありません。

webライターとしての得意分野です。

ここが定まらないと、良質な記事どころか文章すら書けないかも。

テーマをザックリひとまめにしない

私は「英語」関連の執筆を中心にしています。

「英語学習」「英会話」「英語教育」が得意です。

ところが、「英語勉強法」や「おすすめの海外ドラマ」等はダメ。

どれも同じ「英語」ですが私にとっては全くの別物!

 

ウサギちゃん
ウサギちゃん

どういうこと?まみちゃんはアメリカで

大学卒業してて英語が得意じゃん!

得意分野は得意分野でしょ?

管理人まみ
管理人まみ

まぁ、一緒やねんけど…ちがうねん!

(どっちやね~ん!!)

「英語」ってテーマはザックリしすぎや。

具体例を出すと…

実は私、海外ドラマや音楽に疎いんです(笑)

芸能人や俳優の顔は覚えられないし

金髪の白人女性はみんな同じに見える始末。

一般人との区別もつきません(^^;)

日本にいる友達の方が詳しいくらい、ほんとにヒドいんです。

カテゴリーを細かく分ける

こんな私に書けると思いますか?

「英語学習におすすめの海外ドラマ10選」が!

管理人まみ
管理人まみ

えっと、まずは英語のドラマ調べて…

アメリカ英語とイギリス英語と

オーストラリアも発音ちゃうし…

でもドラマの内容も分からんし

どうやっておすすめするん?!Σ(゚д゚lll)ガーン

 

ってなるのは、当たり前やんな~(笑)

 

自分が良く知らない内容を書こうとすると

リサーチに時間がかかりすぎます。

しかも、どれが本当の情報か分からないので

結果、無難で薄っぺらい内容しか書けないのです。

これでは誰もハッピーになれません。

 

テーマを決める時はカテゴリーを細かく絞る

 

例えば、テーマが「子育て」ならそこから細分化します。

「オムツ」「ミルク」「アレルギー」

「乳幼児期にかかる病気」「苦労した保活のこと」

「年子育児について」「思春期の対応」などですね。

Advertisement

ジャンルを広げると失敗する

ある程度執筆経験を積むと自信がつきます。

すると、他のジャンルにも挑戦したくなるものです。

“どの程度”かは、人によってバラバラですが。

ひらめきOL
ひらめきOL

化粧品が好きだから「美容」記事も書いてみたい!
色々工夫して節約してるから「貯金」記事も書けるかも!

クライアントから誉めてもらったり

自分の記事に「いいね!」がついたり

継続的に案件が途切れなかったりすると

嬉しいし自信に繋がります。

元々興味があったジャンルはもちろん

どんな内容でも書ける気になってくると危険です。

管理人まみ
管理人まみ

調子に乗って天狗になったら

そのうち鼻へし折られるで~!

ジャンルを広げた失敗談

ここで私の失敗談を。

webライターを始めて最初に書いた記事は

「世界のバレンタインデーについて」でした。

その記事が「クオリティ高い!ビックリした!」と褒められて

色々書いてほしいと継続依頼を受けることに。

そこで私は実体験に基づいた子育て記事を書きました。

 

そして、この案件を継続しながら

「英語」関連のクライアント複数と契約。

そんな私は、書くことに慣れて自信がつくと

書くことが楽しくてどんどん欲張りになりました。

 

管理人まみ
管理人まみ

もっと色々書いてみたい。何でも書ける!
美容も健康も興味あるし、旅行も好きやし

新しいジャンルに挑戦やー!って思ってん。

 

 

そこで、早速CrowdWorks(クラウドワークス)で案件を見つけて

美容記事と旅行記事を書かせてもらうことに。

でも、いざ書いてみると難しくて書けないんです!

知識がないので調べても調べても

どれが正しい情報か分からないから。

1記事仕上げるのに何日もかかりました。

新しいジャンルに挑戦したことは

知識が身に付き、勉強になりました。

でも、私が求めているのは旅行や美容の

詳しい知識ではなく、労働に見合った報酬です。

結果、十分な知識があり力を発揮できるジャンルに絞ることを決心。

それが私の場合「英語」なんですが、あなたは??

 

管理人まみ
管理人まみ

なんでも欲張ったらアカン。

人には誰でも適材適所があるんや。

「好き」と「得意」は別物

クライアントと読者が求めている記事は

悩みや疑問を解決してくれる情報です。

いくら好きな事でも、知識がないと書けません。

 

食べる事が好きでも、栄養素や食材の効果を知らない人に

「冬ぴったり!体を温める時短レシピ」は書けません。

でも、栄養士や料理人、食育アドバイザーなど

栄養素や調理について知識がある人なら

読者に役立つ記事が書けるでしょう。

「好き」と「得意」は別物

 

さぁ、あなたの「得意」は何ですか?

Advertisement

まとめ

有益な記事を書いて報酬をいただく。

webライターの基本です。

好きな事がお金に繋がれば良いのですが

いつもそうとは限りません。

優良なwebライターになるためには

得意分野の中からカテゴリーを絞って

自信を持って書ける記事を創りましょう。

何より、それを繰り返すことが

クライアントと読者両者からの

信頼と報酬の安定の土台になるのです。

この記事を書いた人
まみ@英語系複業ワーママ

英語を生業に5つの仕事を持つ複業ワーママ。英語講師、子育て、田舎暮らし、在宅ワークを中心にママになっても好きなことをして稼ぐためのヒントをシェアしています♪

まみ@英語系複業ワーママをフォローする

コメント