このブログで1番読まれている記事はこちら

webライター初心者が月3万円稼ぐための3ステップ【主婦の在宅副業経験談】

webライター
この記事では、在宅webライターの副業で月に3万円を稼ぐための3つの手順とそれぞれの注意点や重要ポイントについて紹介します。

在宅ワークで月3万円稼げたら、家計の足しになりますよね。

家族で外食や子供の服も心に余裕をもって笑顔で買えちゃいます。

4年前、私もそんな目的でwebライターを始めました。

管理人まみ
管理人まみ

こんにちは、管理人のまみです!

子育てと本業の合間に副業でwebライターを始めて4年になります。

初めの2年で300記事ほど書かせていただきました。

webライターを始めた頃は、書き方はもちろん案件の選び方にも失敗して悩んだので軌道に乗るまでが大変でした。

そこで今回は、私の経験に基づいてwebライター初心者のあなたが時間を無駄にしないように月3万円稼ぐためにやるべき3つのステップについて、注意点やポイントを詳しくお伝えしていきます。

在宅webライターが月3万円稼ぐための3ステップ

お金を稼ぐブログのネタ探し

それでは早速、本題に入りましょう。

在宅webライターがライティングで月に3万円稼ぐための手順は以下の3つ。

  1. クラウドワークスに登録する
  2. 案件に応募する
  3. 記事を書く

 

そんなこと分かってるよー!

管理人まみ
管理人まみ

そうだよね~でも本当にこれだけなんだ。

webライターは「案件応募&記事を書く」を繰り返して報酬を得ます。

クラウドワークスで自分のページを整えたら、案件に応募→記事を書くんです。

ただ、テキトーに登録してテキトーに書いてても継続的な仕事にはつながりません。

ではここからは具体的になhow toの部分をお話していきますね。

クラウドワークスに登録する

最初のステップはクラウドワークスに登録することです。

webライティングの仕事が欲しいなら、在宅webライターを求めている市場に行かないことには、何も始まりません。

ちなみに、在宅ワークの採用情報は、一般的な求人サイトや転職サイトではなくクラウドワークスのような在宅ワーク専門のクラウドソーシングサイトを使います。

クラウドワークスならライティング関連の求人情報が何千件も掲載されているので、あなたにあった案件が見つかるはずです。

管理人まみ
管理人まみ

2020年9月27日は「ブログ記事作成」「webコンテンツ作成」カテゴリには約1,300件の求人が出てたよ。

 

だからといって、ただ登録するだけではダメですよ。

仕事に繋げるには、プロフィールや応募文を充実させて、あなたを売り込む必要があります。

特に応募文はしっかり型を作って使い回せると応募時の時短になりすよ。

私の過去4年の経験上、クラウドワークスでは案件に応募する際の「応募文」の書き方で採用される確率が変動します。

応募文は就職・転職でいうところの面接の部分。

あなたが、クライアントが求めている経験や性格を兼ね備えた人材だと伝われば伝わるほど、採用されやすいのです

私がwebライターを募集した時も、応募者の応募文に雲梯の差がありました。

やはり、報酬を払う側として1番気になるのは応募者の経験や能力。

採用させていただいたのは応募文をしっかり書いていた方々でした。

見ただけでその方の経歴や人となりが想像できる応募文がベストです。

採用されやすい応募文の書き方は【テンプレコピペOK】クラウドワークスの応募文を書く3つのコツで紹介しています。

実際に私が使っているテンプレートですので、参考にしていただけると嬉しいです。

案件に応募する

プロフィールと応募文の型が完成したら、実際に案件に応募しましょう。

といっても、闇雲に応募するのではありませんよ。

webライター初心者のあなたが、案件を探す時に注目すべきポイントは以下の4つ。

  1. 初心者OKの案件
  2. 記事の単価、1文字の単価
  3. 執筆ジャンル
  4. クライアントの評価

では、なぜこの4つに注目すべきか解説していきますね。

初心者OKの案件か

もし、あなたにSEOの知識がなかったり過去に記事執筆の経験ないなら、あなたはライティング初心者です。

webライター初心者OKの案件は、マニュアルがしっかりしていたり丁寧に指導してもらえたりするので報酬をいただきながらライティングの知識を身に付けることができるのです。

中にはライティング経験者が必須条件の案件があります。

単価が高い分、求められるクオリティも高く初心者では太刀打ちできません。

仮に経歴を偽って採用されても、執筆に時間がかかりすぎて割に合わないので止めておきましょう。

記事の単価、1文字の単価

webライティングの案件は1記事●円もしくは1文字●円です。

いくら未経験者と言えど、1文字0.5円以下の案件は安すぎてブラックなのでスルーしてください。

例えば「3,000文字以上で400円」なんて案件は1文字0.1円なので却下です。

webライティングでは、1文字1円が平均的

経験を積んで記事が評価されれば、1文字2円以上の仕事も撮れるようになります。

私はwebライターを始めた頃、400円いただくのに10時間以上かけて1記事書いた経験があります。

割りに合わなくてwebライティングを辞めようと思いました。

執筆ジャンル

あなたが得意なジャンルに絞って記事を書きましょう。

例えば、スキンケアやダイエットに時間をかけているなら美容関係の案件に絞るのです。

なぜなら、自分が興味のあること、得意なこと、人より詳しい自信があるジャンルでないと、クライアントが満足できる中身が詰まった記事が書けないからです。

もちろん、詳しくないジャンルについてネットや本で調べながら書くことはできますよ。

でも、これは時間がかかりすぎる割に深い内容にならないのであなたは疲れるし、クライアント満足しません。

何より、興味のないジャンルについて書くのは、webライティングがイヤになるので絶対おすすめしません。

クライアントの評価

案件に応募するときは、クライアントの評価にも注目してください。

クラウドワークスでは、仕事を発注する側(クライアント)にも、受注する側(あなた)にも評価が付きます。

クライアントの評価は、私が案件に応募する時の大きな参考基準になっています。

なぜなら、報酬を支払う前に音信不通になったり、提示内容とは違う仕事を追加してきたりするクライアントがいるからです。

受発注が成立したクライアントと受注者が評価を付け合うことができます。

下記の画像は、クラウドワークスでの私の評価です。

クラウドワークス画面

win-winの関係で、お互い気持ちいい仕事にしたいので、クライアントとwebライター両方の誠実さが大切だと思いませんか?

webライター初心者がクラウドワークスを始める際に知っておくべき3つの基本

記事を書いて納品する

晴れて採用されたら、後は記事を書いて納品するのみです!

webライティングで月に3万円稼ぐには、一体何記事書けばいいのでしょうか?

3万円÷記事単価=必要な記事数

ですので、まずはあなた自身の執筆にかかる時間と労力の把握が必要ですね。

例えば、記事単価1,500円なら20本。

私は1記事に平均5時間ほどかかるので、5時間×20本=100時間。

本業や子育てがある中で、新たに100時間を確保するのはかなりハードルが高い…

そこで効率良く執筆し3万円稼ぐために意識したいことが次の2つです。

  1. 単価を上げる
  2. 記名記事を書く

単価を上げる

webライティングのコツを掴んできたら、記事単価を上げていきましょう。

先ほどの例だと1記事1,500円なので20本、100時間必要です。

しかし、記事単価が2倍の3,000円になれば本数は10本、作業時間も半分の50時間で済みます。

私は最高で1文字5円/2,000文字の案件を持っていたことがあります。

たったの1記事で1万円をいただいていました。

記事単価が上がる=執筆本数・執筆時間が減って少ない労力で同額稼げる
webライティングに慣れたら少しずつステップアップしていく意識を。

記名記事を書く

同じ「書く」なら、無記名記事より、記名記事を増やしましょう。

記事の最後にライターの名前やプロフィールが載っているアレです。

記名記事は、新たに案件に応募する際に、過去の作品として提示できます。

無記名記事だと、他のライターが書いたものを自分のだと偽ることができるので信憑性が下がってしまいます。

ですので、今のライティングを将来に繋げるためにも記名記事の案件を探してみてください。

webライターで稼ぐコツは丁寧な作業を繰り返すこと

お金稼ぐ

在宅webライターが月に3万円稼ぐための手順を紹介しました。

  1. クラウドワークスに登録する
  2. 案件に応募する
  3. 記事を書く

webライターは「案件に応募する→記事を書く」を繰り返すことで収入になります。

そのためには、丁寧な作業をして、クライアントからの評価と信頼を得ること。

webライティングは簡単ではありませんが、夢のある仕事です。

仕事や子育て、家事をしながらwebライティングの時間を確保する中で、いきなり月3万円はハードルが高いかもしれません。

でも、自分の中でリズムをつかんでコツコツ丁寧な作業を続けていれば達成できる金額です。

ぜひ、今回紹介した3ステップを参考にしていただけると嬉しいです。

それでは今日はここまで!最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました