このブログで1番読まれている記事はこちら

子育て中、車に乗せておくべき役立つ&便利アイテム10個を先輩ママがアドバイス!

ママが選ぶ!子育て中に欠かせない車の便利グッズ子育て
この記事では、子供を連れて車に乗るママに向けて、子育て中に車に積んでおくと車内が片付いて移動が楽になるアイテムを10個紹介します。

子育て中、何かと汚れて散らかる車内…なんとかしたいものです。

管理人まみ
管理人まみ

こんにちは、田舎のワーママまみです。

車が欠かせないド田舎に住んでる我が家はどこへ行くにも車移動。

現在4歳半の娘は、生後5日の退院の日からほぼ毎日車に乗っています。

この4年間で車の中にはお菓子やミルク、汗、涙、更にはうんちにゲロまで…いろいろぶちまけてきました(笑)

その度に慌てて学んでを繰り返してきた私が、子育て中の車内に積んでおくと車が片付いたり移動が楽になる助かるアイテムを10個紹介します。

子育て中の車に積んでおくべきお助け&便利アイテム10選

子育て中の車の便利グッズ

ClaudioSilva / Pixabay

それでは早速、子育て中の車に積んでおくと車内が片付いて子連れでの車移動が楽になるアイテムを10個紹介します。

タブレットホルダー

子育て中の車の便利グッズ

長時間の移動やお子さんの機嫌取りに車内でスマホ・タブレットを観せるママが多いです。

ただ、子供に持たせていると車が揺れたりカーブで曲がったりした時に落として最悪画面がバキバキに割れてしまう可能性が!!!

それに、下を向いてスマホ・タブレットを観ていると車酔いや姿勢が崩れる原因にもなります。

管理人まみ
管理人まみ

車内で本とかスマホを見てると酔う人おるよね。私がそうなんだけど、娘は大丈夫みたい!

その点、ヘッドレストに取り付けるタイプのタブレットホルダーがあれば、前を向いてるので落とす心配もなければ、車酔いやスマホっ首などで姿勢が悪くなるのも防げます。

消臭・除菌スプレー

消臭スプレー

うちの娘はミルクの吐き戻しが多く、車内でもよく吐いていたので消臭スプレーとウェットティッシュが欠かせませんでした。

4歳を過ぎた今でもえずいたり、吐くことがあります。

管理人まみ
管理人まみ

いきなりオエェ!だから、手で受けるしかないよね…ゴミ箱とビニール袋あっても追い付かないし(^_^;)

それに、うちは田舎でカーブが多いので30分以上車に乗っていると吐くことも多々。

それに、車内でお菓子も食べるし汗もよくかくので車内の消臭・除菌は欠かせません。

防水シート

水

車のシートって外して洗濯できないから汚いんですよね!

特に娘が吐いたり、ジュースをこぼしたら最悪です。

不衛生だしにおいも残るし…そこで防水シートを被せることにしたんです。

お陰で飲み物をこぼしたり、海水浴に行った後のビショビショでも「もう!汚さないで!キレイにしてから座って!」とイライラしなくなりました。

飲みこぼしや車酔いで嘔吐などは、子供だけじゃなく大人にも言えることなので防水シートは本当に重宝してます。

管理人まみ
管理人まみ

防水シートはペットを飼ってる家庭でも重宝するよ。

吊るせるおもちゃ

子育て中の車の便利グッズ

子供が2歳頃までは吊るせるおもちゃで遊んでもらっていました。

ベビーシートで後ろ向きの時は景色も見えないし(そもそも見てないかもしれないけど)、親の顔を見れないので1人遊びの相手をしてくれるおもちゃは重宝しました。

管理人まみ
管理人まみ

運転中は子供の遊び相手ができないから、おもちゃやスマホは有難いよねぇ!

我が家は、いただいた折り紙の飾りを吊るしていました。

バスタオル(冬はひざかけ)

子育て中の車の便利グッズ

車内で寝てしまった時、吐いてしまった時、飲み物をこぼしてしまった時など何かと役立つのがバスタオル。

持ち歩くにはかさばるので、私は常に車にバスタオルを1枚置いていました。

管理人まみ
管理人まみ

突然の雨に降られて子供がびしょびしょになっても大丈夫!

冬場はバスタオルだと冷えるので、ひざかけを使っていました。

車内で授乳する時もさっと被せて隠せるので1枚持っておくと便利ですよ。

食事トレイ

ハンバーガー

車移動が多い家庭や、お出かけの時に大活躍するのがヘッドレストから吊るすタイプの食事トレイです。

マグやお菓子はもちろん、お弁当やファーストフードも置けるので不安定な車内での食事がスムーズにできますね。

管理人まみ
管理人まみ

車内は圧倒的に食事がしにくい!子供みながら膝に食べ物置くなんて無理だもんね。

大人の手が自由になるので食べこぼし飲みこぼしにもサッと対応できるのもありがたい。

バックシートポケット

収納

車内は収納が少ないので収納スペースを広げると片付きます。

とにかく子供がいるとビックリするくらい荷物が増えるんです。

おもちゃ、お菓子、ティッシュ…自由に動けるようになる2歳、3歳を超えると車内も散らかり放題。

色んな物が行方不明になります。

管理人まみ
管理人まみ

座席の下からおもちゃのパーツとか、色々出てくるんだよねぇ(^_^;)

そんな時は、ヘッドレストから吊るすタイプのバックシートポケットで収納スペースを増やせばおもちゃや小物の収納に重宝します。

子供にも片付ける場所を教えておくと、ちゃんと片付けてくれたりもします(笑)

車専用のおむつバッグ

おむつ、着替え

外出バッグとは別に車内にも専用のおむつバッグを常備することをおすすめします。

私がおむつバッグの中に入れておいて助かったのは以下の5つのアイテム。

  • おしりふき(ウェットティッシュ)
  • おむつ
  • ビニール袋
  • 着替え
  • フェイスタオル

おしりふきは掃除にも使えるので何かをこぼした時はサッと取り出せます。

ビニール袋は5枚ほど常備しておくと、ゴミを捨てたり汚れた服を入れるのに重宝します。

おむつや着替えは何枚あっても困りません。

管理人まみ
管理人まみ

8ヶ月だったかな~1泊の旅行で持ってた着替え7枚使いきって最後はバスタオルにくるんで帰宅したことあります。

フェイスタオルはスタイや食べこぼし防止に使えるし、汚したシートをゴシゴシ拭く時に使います。

コロコロ

掃除

なかなか掃除しづらい車内ですが、コロコロを積んでおくおくと汚れた時にサッと掃除ができます。

私は主に、お菓子の食べかすを集める時にコロコロします。

ホコリも溜まるので、今ではコロコロ→ウエットティッシュが定番です。

管理人まみ
管理人まみ

洗車はスタンドでできるけど、車内の掃除はほんと邪魔くさいよね~

私の友だちは、コードレスのミニ掃除機を使ってこまめに掃除してますが、私はきれい好きではないので普段の掃除はコロコロで十分です。

日よけカーテン

子供サングラス

遮熱とUVカットと日焼け防止、そして授乳などの目隠しと4つの役割を果たす日よけカーテン。

チャイルドシートに座ってる子供は自由に席を移動できないので、まぶしい時や暑い時は親が気付いてあげないと熱中症になる危険性も…

管理人まみ
管理人まみ

子供は汗かきだし、チャイルドシートは熱こもるから夏だけじゃなくて、年中気をつけなくちゃ。

オムツ交換や授乳中の目隠しにもなるので、日よけカーテンは年中つけています。

ママが安全運転するための工夫でストレスフリーに

子育て、発達障害

子供を乗せての運転は、気が散ることが増えます。

子供が泣いたり、怒ったり、「ママー!ママ!!!」と呼ばれたり、運転に集中したくても何かと後ろが気になってしまうものです。

とはいえ、安全運転のためには運転に集中することが大前提。

いかにママが運転に集中できる車内環境を作るか?が重要になるのです。

私もチャイルドシートで終始泣きわめいている娘を、30分泣かせっぱなしで帰路についたことがあります。

可哀想に思えて、何度も停まって相手をしようかと思いましたが、結局またチャイルドシートに乗せると泣かれるのは分かっていること。

心を鬼にして家まで運転しました。

こういうことが続くと、子供を乗せての運転がストレスになってしまうんですよねぇ。

今回紹介したアイテムを使ったり、子供が車内を快適に過ごせる工夫で運転中のママの心の安定に繋がります。

それでは今日はこの辺で。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました