このブログで1番読まれている記事はこちら

複業ワーママ、1日のスケジュール。自分らしく自由に生きるキーワードは「協力」だった!

夫婦・家族

どうも、英語系複業ワーママ・まみです。

ご存じのとおり、複数の仕事を「かけもち」しています。

かけもち数は今が過去最高(笑)

管理人まみ
管理人まみ

えーっと、今日はどこの仕事やったかな?

って、自分でも分からんようになるねん(笑)

ウサギちゃん
ウサギちゃん

ちゃんと子育てしてるの?夫のこと放置してるんじゃない?

掃除とかしてる?!同居のお母さんに任せきりなんでしょ!

管理人まみ
管理人まみ

うん、テキトーで全然こなせてないよ!

だから複業ワーママでおれるんやで。

母にも夫にもすごい助けられてるんよ。

今回は、そんなぐーたら嫁&娘な私の

複業ワーママの1日のスケジュールを赤裸々に公開します。

これから複業(副業)を始めようと思っている

ママさんの参考…になるかしら?(笑)

複業ワーママ・まみの現状について

2016年2月に「こまみ」を出産

2ヶ月後の4月からワーママになりました。

そんな私の現状はこんな感じ↓

・子供1人(こまみ・2016年2月生まれ)
・英語講師、NPO職員、自宅英語教室運営、英語系事務、家庭教師などをかけもち
・仕事は月~土曜(たまに日曜も)
・こまみの保育園は8時~18時、19時までの延長も月に4、5回有り
・夫は月~金勤務のサラリーマン
・飲食店を営む実母と同居中

夫は朝7時過ぎに出て行き、20時頃帰宅するサラリーマン。

保育園の送迎と平日の育児は私の担当です。

とは言うものの、お気づきのとおり

実母と同居しているのでとても助けられています。

家庭教師や英語レッスンは、夕方~夜の時間帯が多いので

保育園のお迎えに間に合わない時は母にお願いします。

ただ、子育てと複業を並立するコツは「楽しんで期待しない」こと!でも述べたとおり

夫や母が「やってくれて当たり前」のスタンスはNG!

平日の子育ては「自分がする」ことが前提なので

基本的に保育園のお迎えまでに仕事は終了。

複業ワーママ1日のタイムスケジュール

そんな私のある日のスケジュール↓

独身ならなんてことないタイムスケジュール。

でも、2歳児の母の私にはコレが精一杯です…

重要なことはしっかりご飯を食べること!(笑)

そして、家族に期待はせずに感謝をすること。

 

ウサギちゃん
ウサギちゃん

ん?スケジュールに洗濯と掃除が見当たらないね

管理人まみ
管理人まみ

洗濯は母、掃除は「ながら」やからね~

着替えながら床コロコロしたり、歯磨きしながら鏡拭いたり

掃除は元々苦手なタイプなので「ながら掃除」が多いです。

休みの日に掃除機や断捨離をする程度で、テキトーですよ(^_^;)

仕事は、移動が多いけど(田舎なので車で30分の移動は普通)

ダラダラすることがないので短時間ではかどります。

複業ワーママは仕事も子育ても家族と「協力」

家族の協力なしに子育てと仕事は両立できません。

我が家は、夫も母も「複業」と言う私の働き方に協力的。

どう思っているか、賛成しているかはまた別物ですけど。

クマちゃん
クマちゃん

家族は協力しあうものだもんね。

管理人まみ
管理人まみ

そうそう。嫁(女)が家事も育児も仕事も

全部なんて旧石器時代より古い考えや!

母は基本、洗濯とゴミ捨て、食事を一品二品作ってくれます。

庭や家の周りの草刈りなど、任せている部分も多いです。

その代わりと言っては何ですが、毎月母には

生活費として15万円を夫婦から渡しています。

同居って聞くと、生活費が要らないイメージありますよね?

うちに限っては夫婦だけでの方が安上がりかと(笑)

でも母の存在なくして、今の生活スタイルはキープできません。

管理人まみ
管理人まみ

そばにおってくれるだけで安心。基本

自分でするけど、いざと言う時頼る人がおる

めっちゃ大きな心の安定剤やで。

子育ては家族み~んなでするもの

夫も料理をしたり、自分でお弁当を詰めたりしてます。

家事炊事育児全部一通りできるので

私が土日に仕事でも安心してこまみをお願いできます。

こまみも、パパとばぁばを行き来して好きに過ごしてるみたいです。

管理人まみ
管理人まみ

自分の子供なんやから、見て当たり前やろ!

と生まれる前から言い続けとってん。

いつからか、お出かけ準備だけしておけば

父娘で公園やドライブを楽しんでるわ~

 

例えば、月2回ある夜の公民館英語レッスンは

一旦こまみを迎えに行き、夜ご飯で母にバトンタッチ。

母がお店で忙しい時は、生徒さん達に連絡して

こまみを英会話教室に連れて行きます。

タイミングが合えば、仕事帰りの夫が教室に立ち寄り

こまみを連れて帰ってくれたりもします。

夫や母のやり方に文句を言わない

「え、そのしつけ方はちょっと…」

「その考え方は古いで…」

「私やったらこうするけど…」

夫や母に対して、不満に思うことはあります!

特に子育てに関しては。

でも、2人のやり方に文句は言わない。

向こうも、私の働き方に口出ししないから。

文句を言うなら、全て自分の思うように自分でやれば良い。

それができないから文句はなし!

逆に、母親の私と毎日2人で過ごすより

保育園の先生やお友達、パパ、ばぁば、ママ…

色んな人と過ごす方がこまみの感性が豊かになると思うんです。

だから「期待はせずに感謝する」なんです

家族や周りに頼ったら、笑顔になった

誰かに頼ることが苦手だった私。

思い切って夫や母に頼ったら、自分が笑顔になりました。

体力的な負担が減って精神的な重荷も減ったからですね。

 

管理人まみ
管理人まみ

私な「ずっと1人で生きていける

仕事は1人できる」って思っててん。

そんな私にとって「お願いする」ってハードルが高くて

恥ずかしいことだと思っていました。

頼られたら嬉しい、頼ってほしいって気持ちはあるのに…

でもこの感情って、誰もが持っているものだよね?!

そこで勇気を振り絞って色んなことをお願いしました。

夫や母はもちろん、職場の同僚にも。

1人で抱え込んでいた仕事、みんなに分散できました。

そしたら、心も気持ちも軽くなって

自分がやりたい事をやる時間も増えたし

目まぐるしい中でこまみとの時間も増えました。

ママの笑顔は家族のハッピー♪これは絶対です!

まとめ

複業ワーママの1日は一息つく間もないくらい。

しかも、色んなことを我慢して家族や子供が最優先。

そんな中でも自分らしく、好きなことを仕事にして生きていきたい!

それを実現する家族や周りの「協力」が必要不可欠。

ワーママこそ笑顔と感謝に溢れた生活を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました