このブログで1番読まれている記事はこちら

正社員夫&複業妻の共働き最強説!キャリアも子育ても収入も諦めない我が家の働き方。

正社員夫&複業妻最強夫婦・家族

結婚6年目、4歳半の娘とお腹にチビが入っている共働き夫婦です。

今日は「正社員夫×複業妻」という働き方が、金銭面でも子育て面でも更には妻のキャリア面でも最強な3つの理由をお伝えしたいです。

私達夫婦は、夫がとある団体職員の正社員で、私は週5のパート(社保加入)に加え、英語講師やwebライティングなど5、6個の仕事をかけもちしている複業家です。

複業を始めて8年目(ワーママ4年目)になりますが、つくづく正社員夫×複業妻って最強の組み合わせだなぁと感じています!

「正社員夫×複業妻」の共働きスタイルのどんなところにメリットを感じているのか、我が家の働き方を例にお話しさせてくださいね。

  • 子供がいても妻の収入を下げたくない
  • 子育てと仕事をストレス最小限で両立したい
  • 子育てをしながらの妻のフルタイム勤務に限界を感じている
  • 子供に誇れる仕事がしたい

上記のような思いを持っているパパママに読んでいただけると嬉しいです。

管理人まみ
管理人まみ

副業とか複業って怪しいと思うかもしれんけど普通の仕事。こんな働き方もあるんやって、世のママさんたちに知ってほしいな!

正社員夫&複業妻の共働きスタイルが最強な3つの理由

大丈夫

それでは早速、正社員夫×複業妻の共働きスタイルが最強だと感じる3つの理由を、我が家の働き方を例に紹介します。仕事と子育ての両立に行き詰っているママに届くと嬉しいです。

正社員夫の固定収入で生活と将来に安定感がある

毎月固定収入が入ってくると生活と将来に安心と安定が生まれます。

夫婦別サイフの我が家は、お小遣いも役割も別々。

正社員夫の収入を子供の教育費や貯金にまわしています。

正社員のメリットは何といっても安定した収入と福利厚生。毎月いくら入ってくるか決まっているので将来の計画が立てやすいんですよね。

反対に複業の私は、週5と言えど時給のパート。

勤務日数によって収入にバラツキがでたり(ゴールデンウィークと年末年始、要らないな)、フリーで受託している仕事の量によって収入の増減があります。

なので、毎月安定して入ってくる夫の固定収入を将来や緊急事態の為に貯めておく選択をしました。

ちなみに複業妻の私は、毎月手取りで20万円稼ぐことを最低ラインとしています。

だいたい25万円前後になるのですが、私達の生活には充分なレベル。

旅行や外食など、夫にも助けてもらいながら安定した生活が送れています。

それもこれも「夫が毎月固定給を稼いでくる」という安心感があるからこそです。

複業妻は勤務時間を管理しやすく子育てと仕事の両立がラクになる

複業で複数の仕事をする方が、フルタイムで1つの会社に属すより勤務時間の調整ができます。

なので、子供の病院や保育園のイベント、突然の子供の病気にも対応しやすいのです。

独身時代から複業はしていたのですが、子供が産まれたら余計に勤務時間に制限がかかり益々効率良く働く必要性を感じました。

子育てと仕事を両立させるには、結局自分の自由時間を削るしかなくてストレスが溜まります。

実は、私もワーママ1年目まではとある会社に正社員で働きながら複業をしているワーママでした。

しかし限界を感じて正社員で働くことを辞めました。

私が正社員を辞めて本格的に複業を始めた大きな理由は2つ。

  1. 好きな時間に働いて正社員と同じだけ稼ぎたかった
  2. 好きなことを仕事にしたかった

私自身が機嫌よく子育ても仕事も楽しむためには、自分で時間と仕事量を調整できる複業がベストだったのです。

ワーママに複業をおすすめする具体的な内容は、ワーママこそ在宅ワークを取り入れて複業するべき5つの理由【ママの働き方を見直そう】に詳しく書きました。

興味がある方は覗いてみてください。

複業妻は上限なく稼げるので将来の可能性が広がる

正社員なら収入のてっぺんは決まっているし昇給は微々たる額。

でも、複業で扶養に入らず社保で独立している妻は、上限なく稼ぐことができます。

正社員は毎月の収入が固定で安定している一方、特別支給もなければ収入が大幅アップすることもありません。

最寄りのコンビニまで車で10分かかるような田舎で、子育てをしながら毎月25万円稼げているのは私の中で自信に繋がっています。

今の私は「子供が小さいから」とか「とにかく生活費が必要だから」といった理由で仕事を選んでいません。

もし私が自分のキャリアも収入も諦めてパートだけを続けていたら、満足できない毎日に悶々としているでしょう。

でも今の私は、子育てが落ち着いた時にキャリア構築を加速させられるように、将来に向けて土台作りをしているつもりです。

いつまでも好きなことを仕事にして稼いで生きていきたい。

だからこそ、子供が小さくて勤務時間に制限がある今も、複業で間口を広げて今できる最大限の仕事をしています。

妻がストレス少なく働けると家庭が安定する

家庭を持ち子供ができると安定した収入が必要です。

しかし、本来「安定」と言われる正社員は収入が安定している代わりに縛られる部分も多いです。

もっというと、女性はどうしても出産・子育てで思うように仕事に復帰できなかったり、仕事が制限されたり辞めざるを得ません。

その点、業は子育て中に関係なく安定と自由のいいとこ取りができちゃいます!

妻が仕事と子育てを両立しつつ、子供に手がかからなくなった後のキャリアの土台作りもできる。それが複業です。

お金のため、生活のために働くのはみーんな同じなんですが、仕事でストレスを抱えて消耗するのは本当に人生損してる!

子供を育てるだけでも大仕事で疲弊するのに、仕事でもストレス溜まるって良い事ないです。

妻が働きやすい環境を作ることで妻が笑顔になり、家庭の安定につながります。

結果、家族みんなも笑顔になり気持ちが豊かになって家族が幸せに暮らせると思うんです。

少なくとも我が家は今の「正社員夫×複業妻」という働き方が合っています。

私は正社員を辞めて、勤務時間や仕事内容を選び収入をコントロールすることでストレスが軽減され労働に対する考え方が変わりました。

正社員じゃなくても、子育て中でも月20万円以上稼げるし、好きなことを仕事にできます。

なので、夫婦の働き方や子育てとの両立に行き詰まっているなら複業を視野に入れていただきたいです。

管理人まみ
管理人まみ

夫が1人で正社員×副業も良いけど、妻も程よく外貨を稼ぐことが子育ての息抜きになるねん♪

まとめ

家族

正社員夫×複業妻の共働きスタイルが最強な3つの理由をお伝えしました。

  1. 正社員夫の固定収入で生活と将来に安定感がある
  2. 複業妻は勤務時間を管理しやすく子育てと仕事の両立がラクになる
  3. 複業妻は上限なく稼げるので将来の可能性が広がる

以上のことから、我が家は私が複業をすることに前向きです。

お陰で私は今やってる全ての仕事を楽しむことができているので、心が安定しています。

そして、正社員で働く大変さも分かるので、正社員夫の仕事の愚痴を聞くことや、休日のストレス発散にも寛容になれます。

とにかく夫婦の働き方に悩んでいる方は複業を視野を取り入れることを考えてみてください。

きっと新しい扉が開きますよ。

それでは今日はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました