このブログで1番読まれている記事はこちら

失敗しない夫の選び方とは?結婚前に彼氏のココをチェックせよ。

夫婦・家族

この男、失敗だった…

結婚前は、絶対この人!って思ったのに。失敗した夫選びを結婚してから後悔しても後の祭りとしか言いようがない。

私の夫は16歳年上でバツイチ。結婚を反対する声もあったけど心が繋がった2人を引き離すことは結局、誰にも出来なかった。こちらは夫と結婚して約5年。順調な結婚生活を送っている。周りからは”変わった夫婦”と思われてるかもしれないが我々は至って普通で且つラブラブだ。

結婚前の夫は最悪で、何度も心が引き裂かれた。でも、彼との結婚を決めたのだ。なぜって?

実は、最悪の状態の彼を知るだけで、夫選びは失敗しない。女性も社会的に強くなった今、離婚や不仲夫婦・仮面夫婦が後を絶たない。そんな冷めた結婚生活は苦痛だ。そこで今回は、失敗しない夫選びのポイントについてお伝えしたい。

失敗しない夫の選び方「最悪な状態の彼を知る」こと

最悪・最低な状態の彼を知ること。失敗しない夫の唯一の選び方はこれに尽きる。

ベースが100点スタートでは正しい夫選びに失敗する。-500点からの加点方式を採用しよう。どんなバッドコンディションでも、受け入れることができたら、その人はあなたに相応しい結婚相手と言える。

【失敗しない夫の選びの心得】結婚は楽しいものではない

何を「最悪」と位置付けるか、は人ぞれぞれ価値観が違うがどの結婚にも言えることがある。

 

結婚はゴールではないし苦労の連続だということだ。

結婚相手・結婚生活に対する「こんなハズじゃなかった」は結婚に対するイメージと現実とのギャップが大きいほど修復は難しい。

365日他人と一緒に暮らして常に楽しいハズがない。腹が立つし、殺意も芽生える。喧嘩もするし、泣く日も多い。それでも一緒にいたいのが夫婦であり、結婚生活というものだ。

【失敗しない夫の選の心得】1.クソ野郎でも愛せるか?

私は夫のことを「クソ男」または「最低夫」と呼んでいる。

ラブラブなのに、なぜって?答えはシンプル。本当にクソ野郎だったからだ。でも、そんなクソ野郎を生涯の伴侶にすると決めた。クソな部分も含めて彼を受け止めたから。

「この人は私が幸せにする」と心に決めて「私以外に彼を幸せにできる女はいない」と自負しているのだ。これは、結婚前も5年経った今も、変わらない。

【失敗しない夫の選びの心得】2.最低・最悪より下はない

付き合っている時点で彼の最低・最悪な状態を見よう。その状態の彼でも愛してるか?笑って、踏ん張って、支えられるか?

答えがYesなら大丈夫、後は上がるのみ!私は結婚前に夫のクソな部分をたくさん見ることができた。離婚で傷つき、二度と女性を本気で愛さないと心が枯れてた夫。出会った頃は心が壊れていた。酒に溺れ生きる意味がない、と偽りの人生を送っていたように見えた。

そして、2人で問題に直面する度に全力でぶつかっていった。ずけずけと彼の心の殻を割ったのだ。

彼が “言われたくない” や”触れてほしくない” 話題にもグイグイ突っ込んでいった。時に真正面から、時に背後から。

【失敗しない夫の選びの心得】心が繋がれば一先ず安心

結婚に苦労と涙は付き物だと心得た上で最低・最悪な彼に直面しても彼と歩んでいく気持ちがあるなら相手もあなたの気持ちに応えるだろう。

応えてこない男はマジでただのゴミだから、結婚はやめておこう。

心を開いてからの夫は速かった。女関係を全部清算し、親に会い毎日のように私の実家に足を運んだ。結果、3、4年かけて結婚に持っていく予定がアサッリと半年ほどで入籍した。

「こんなに真正面から何度もぶつかってくる女は初めてだ」「再婚はありえないと言い続けてきたけど君とならもう1度結婚しても良いと思った」と夫がよく言っていた。

ただ、繋がった心も時間と共に、そして問題が起こる度にだんだん離れていく。心を繋げる努力は常に怠ってはいけない。

失敗しない夫選びで信じ合い支え合う結婚生活を

心の繋がりは体や言葉とは比にならない。

良い部分を見せ合えばばいい交際と違い悪い面も汚い面も見て見られる。夫選びに迷ったら最低・最悪な状態の相手を見てみよ。何度も何度も。マイナススタートから始めよう。それでも彼を愛しているなら彼と心が繋がっているなら周りが何と言おうと関係ない。あなたはあなたの選んだ男を信じて一緒に生きれば良いんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました