このブログで1番読まれている記事はこちら

子育てとフルタイムの両立は無理?正社員ワーママのメリット・デメリット

フルタイムワーママのメリット・デメリット子育て

フルタイムで働いているワーママです。

仕事に子育て…疲れてます…

やはり両立は無理なのかな?

働きながらの子育て。

  • 大事な外出の日に子供が発熱…夫も仕事は休めない。
  • 先週も熱で早退したのに、今日も保育園から電話…
  • 子供が小さいから大事な仕事は任せてもらえない…

子供は大事、でも思う存分仕事もしたい。

普通に出勤して普通に仕事して、普通に帰宅する。

そんな当たり前のルーティンが当たり前にできない。

未就学児を持つママのフルタイム勤務は無理なのでしょうか?

ここでは、4歳の娘がいる筆者の体験談を基に、ワーママがフルタイムで働くメリットとデメリットを紹介します。

この記事では、小さい子供を育てながらフルタイムで働くメリットとデメリット、在宅ワークの取り入れ方を紹介します。

子育てをしながらフルタイムで働くメリット

ワーママ

子育てをしながらフルタイムで働くことは大変なことです。

常に時間とジレンマとの戦いですから。

でも、フルタイム勤務で働くメリットはありますよ。

社会と繋がっている、頼りにされているという自信になる

フルタイムで働いていると、社会と繋がっている安心感や、職場で頼りにされている自信になります。

子育てをしていると、どうしても家にこもりがち。

テレビを付ければ子供番組。

ニュースをじっくり見る暇もなくて、世の中の動きが分からない。

社会に置いていかれたような、孤独な気持ちになってしまいますよね?

 

ところが、仕事を通じて社会と繋がっていると気持ちが全く違います!

仕事をしていると、自分が1人ではないと感じられます。

会社員として社会の一員として繋がっていることを実感します。

また、仕事がある=頼りにされているということです。

会社が期待してくれていると思うとやる気にも繋がります。

私も誰かの役に立てている!と、自己肯定感も上がって子育ても仕事も頑張ろうって思えるんですよね。

金銭的な余裕がある

働けば必ず給料が支払われます。

子育てはお金がかかりますから、お金がたくさんあっても困りません。

習い事や学費もバカにならないし、金銭面のサポートは子供が1人立ちするまで続くのですから。

確かに、旦那さんの収入だけで暮らしていける家庭もありますが、金銭的な余裕があると、気持ちにも余裕が生まれます。

  • 子供の将来のために
  • 家族旅行のために
  • 老後のために

お金を稼ぐことは悪いことでも、ことでもありません。

金銭的そして気持ち的にも「余裕」を目標に働くことで、日ごろのバタバタ生活もやる気がでるのではないでしょうか。

育児と家事から離れて息抜きができる

子育てから離れて外の空気を吸うのことは、ママの息抜きになります。

どこの家庭でも子育ては大変。

子供の人数に関わらず、親の負担は大きいです。

子育てや家事は大切ですが、それらをうまくこなすためにもは心に余裕が必要ですよね。

 

私たち日本人には「仕事=大変、しんどい」ってイメージがあるかもしれませんが。

でも、母親になって働きに出ることは、子育てや家事から離れられて息抜きになるんですよ。

外に出ること、働くこと、家族以外の人と触れあうことで気持ちがリフレッシュします。

子育てに奮闘するママにとって、会社に居場所があるってとても心強いんです。

社会と繋がってるってすごく大きな安心材料になるんですよね。

子育てをしながらフルタイムで働くデメリット

ワーママ

子育てをしながらフルタイムで働くメリットはたくさんあります。

しかしながら、デメリットもあるのはたしかです。

では、実際にワーママの私が感じたデメリットを紹介します。

子供が病気でも急に仕事を休めない

フルタイムで働いていると、子供の病気や熱でも休めない日があります。

そんな事が続くと、やっぱりフルタイムは無理?と悩んでしまいますね。

 

子供は急に熱を出します。

昨夜までピンピンしてたのに起きたら熱が38度越え。なんで?!

こうなると、保育園はお休み確定、もちろんママもお休みです。

先週も熱で休んだのに、また…
あの書類の締切迫ってるのに。

子供が小さいうちは、こんな日々が1年~2年続きます。

フルタイムで働くということは、任せられている仕事も多いはず。

仕事を投げ出すわけにはいきません。

子育て経験がない独身の職員や、奥さんに全て任せてきた男性職員からもグチグチ言われたりして、イヤになりますね…

こういう日は働く必要性が分からなくなってしまうものです。

 

そんな子供の発熱時に使える必需品を子供の突然の熱に慌てない!家に常備しておくと助かるアイテム10選で紹介しています。

こちらもチェックしていただけると嬉しいです。

子供と過ごす時間が短い

フルタイムで勤務していると、子供と過ごす時間が圧倒的に短くなります。

私の場合、平日は1日5時間しか娘と過ごす時間がありません。

幸い娘は楽しく保育園に通っています。

でも、お迎えが1番最後になると泣くんですよね…

 

ママと日中離れている時間が長い分、夜は少々家事をサボってでも子供と過ごす時間を作れると良いですね。

皿洗いは後回しにできても、子供の成長は待ってくれません。

ママも1日働いて疲れてるし、自分の時間が欲しいんだけど、我が子の笑顔に勝る癒しは無いと思います(*^-^*)

時間に余裕がない

フルタイムで仕事をすると、なんせ時間がない。

育児と家事に充てられる時間が限られてしまうし、自分のために使う時間は無くなってしまいます。

時間に余裕がないと気持ちも焦ってしまってイライラすることも多々…

だからこそ、本当に今やらなきゃいけないことを見極める判断力は身に付けたいですね。

そして旦那さんと協力して、共働き中の子育てを乗り越えなくてはいけません。

【夫婦円満の秘訣】簡単にできる仲良し夫婦になる方法10選でも書きましたが、同じ目標に向かって協力しあえる夫婦は強いです。

子育てとフルタイムの両立が困難なら在宅ワークを視野に

在宅ワーク

小さい子供を育てながらのフルタイム、やっぱり無理…

やはり、子育てとフルタイム勤務の両立は簡単ではありません。

収入は欲しいけど正社員で働くことに限界を感じているなら、在宅ワークを視野に仕事を探してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私は娘が3歳の時にフルタイムを辞めました。
子育てと仕事を両立したいからこそ、時間と月収で拘束されるフルタイムはダメだと思ったからです。
今は、複数の仕事をかけもちして複業ワーママとして働いています。

 

パートと在宅ワークを組み合わせて、フルタイムと同等の月収を稼ぐことも可能です。

私はまだフルタイムで働いていた頃、在宅ワークでwebライティングを始めました。

クラウドワークスで初心者OKのライティング案件を探して、応募したのがきっかけです。

仕事の昼休みや子供が寝た後の時間を使って、webライティングで月に3~5万円の収入を得ています。

フルタイムワーママが副業に在宅webライターを選んだ5つの理由に、フルタイムで勤務しながら在宅ワークを始めた理由を書いてあります。

また、ブログ以外の副業で月3~5万円稼げる在宅ワーク【主婦の副業体験談】にも、webライティングで在宅ワークを始める方法を書いています。

読んでいただけると嬉しいです。

クラウドワークス登録はこちらから/

子育てしながらのフルタイム、あなたの気持ちを大切に

ワーママと子育て

子育てをしながら働くメリットとデメリットを紹介しました。

フルタイムワーママは時間に追われたり、仕事と子育ての折り合いが難しかったりします

でも、金銭的余裕ができたり社会との繋がりが持てたり、メリットもあることがお分かりいただけたと思います。

そして、フルタイムが無理ならクラウドワークスなどの在宅ワークでママの負担を減らしましょう。

大切なのは、働くことであなたは何が得たいのか?です。

あなた自身の気持ちを大切に体も大切に、働ける環境を見つけることが最優先。

お互いに子育ても仕事も共に楽しみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント