このブログで1番読まれている記事はこちら

田舎で子育て10個のメリットと田舎暮らしを選んだ理由

子育て

田舎暮らしに興味があるけど子育て環境はどうなんだろう?

管理人まみ
管理人まみ

都会も田舎も経験した私たち夫婦が田舎で子育てするメリットを紹介します!

兵庫県のど田舎に住んでいます。

神戸まで1時間足らずですが、家はイノブタやウサギがいる山間部です。

家の前の風景ー田舎で子育て

山間部と言っても、スーパーまで車で2分。

銀行やコンビニ、病院も近くにあります。

 

結論から先に言うと、私たち夫婦は田舎の子育て大賛成派!

なぜなら、私たちが考えている子育ての大切にしたい部分は、田舎暮らしの中で得られる経験が多いからです。

実は、私たち夫婦は都会と田舎、そして海外での生活をそれぞれ経験しています。

その中から田舎に暮らすことを選びました。

そこで今回は、田舎で子育てをする10個のメリットを紹介します。

田舎移住やUターンを考えているパパママの参考になれば嬉しいです!

~この記事を読んで得られる情報~

⇒田舎で子育てをする具体的なメリット

田舎で子育てをする10個のメリット

では早速、私たち夫婦が感じる田舎で子育てをする10個のメリットを紹介します。

メリットと言うよりは、私達夫婦が思う「田舎の子育ての好きなところ」ですね。

田舎の子育てには待機児童がない

待機児童問題は、まず心配ないです!

田舎はどこも少子化に頭を抱えてるので子供ウェルカム♪

 

年度の途中での入園申請は、保育士の人数との兼ね合いがあるので翌年度まで断れる可能性もあります。

でも、申請時期(10月頃)に申請すれば100%入園できます。

田舎では待機児童なんてありえないですよ。

田舎の子育ては生活音を気にしなくて良い

子供の夜泣きや、大きな声など生活音を気にせず暮らせるのも、田舎で子育ての良いところ。

「子供がうるさい!」とか「ママの叱る声が丸聞こえ」とか無縁!

都会だと隣との距離が近くてトイレを流す音まで聞こえる時があります。

私にはその常に生活音を気にしなくてはいけない生活がストレスでした…

我が家のように一軒家で、お隣と程よい距離が保てている家では生活音を気にせず生活できます♪

管理人まみ
管理人まみ

田舎にも住宅やマンションはあるけど

住むなら広い敷地でゆったり、がエエよね~

田舎の子育ては子供がのびのびできる

自然に触れながらのびのびと子育てができるのは嬉しいです。

田舎にいると、海や山が近いだけじゃなく日常生活に土やどんぐりがあったり虫がいるんです。

テーマパークや公園にわざわざ出かけなくても、家から一歩出ると自然の遊び場が広がっています。

人混みでぎゅうぎゅうの場所に行かなくても、自然にある物をおもちゃにして楽しく1日過ごせます。

田舎の子育ては車で移動が楽

マイカーは最高の交通手段!

大きな荷物と子連れの移動も楽々です。

 

車社会の田舎では、ベビーカーで電車に乗る必要はありません。

雨の中、子供の手を引いてビショビショになりながらスーパーへ…なんてこともありません。

保育園の送迎や、買い物、通院など車移動なので親のストレスが最小限で済みます。

現役ママが選ぶ!子育て中に欠かせない車の便利グッズ10選に、田舎の車社会を快適にするアイテムを紹介しています。

管理人まみ
管理人まみ

品川駅でベビーカー押しながら、上の子の手を引いて

歩いていたママさんを見て「私には無理」と

言い切ったのは他でもない、私です(^^;)

田舎の子育ては野菜や魚が新鮮で安い

夫の朝釣りー家から5分で海到着

食に恵まれているのも田舎ならでは。

 

新鮮な野菜や魚が食卓に上がると、子供の味覚も豊かになります。

 

しかも野菜も魚も新鮮で安い!

朝、農家さんが収穫した大きな白菜が100円。

地元の漁師さんが捕った新鮮な魚が数百円。

家計は助かるし味覚は育つし一石二鳥!

管理人まみ
管理人まみ

夫は自分で魚を釣ってくるで~!

ニワトリも飼いたい、言うてるわ(笑)

田舎の子育てはお米が美味しい

今年のお米も順調や!-田舎で子育て

田舎では、農家さんから直接お米を仕入れるから美味しいです。

 

スーパーに並んでいるお米は、色んな農家さんが収穫したお米を寄せ集めて袋詰めしています。

反対に、農家さんから直接仕入れるお米は、自分で精米するから常に新しくて味が均等で安定していて美味しいですよ!

おかげで娘は白ご飯が大好き。

管理人まみ
管理人まみ

田舎の家にはお米の冷蔵庫があるねん。

1年分のお米をまとめ買いするんやで。

田舎の子育ては空気がキレイ

何もないから素晴らしいー田舎の子育て

健康面を考えても、空気がキレイな田舎は子育てに適しています。

 

夜は空を見上げれば星が見える!

海の向こうまで澄んでいる!

花の香り、木々の香りを感じる!

空気がキレイだと見える世界が違います。

 

煙に覆われた場所で暮らすより、澄んだ空気の中で暮らしたいから田舎の方が合ってます♪

田舎の子育てはお受験戦争がない

田舎で子育てのメリット

田舎では公立の学校が主流。

成績争いやお受験戦争とは無縁です。

 

娘には優秀な成績をとることよりも、周りと協力して周りを笑顔にできる人に育ってほしいと願っています。

なので、我が家は公立中学・高校で十分だと思っています。

ベネッセ進研ゼミ小学講座のように、通信教育なら全国水準の教育内容でサポートできますからね(*^-^*)

中には都会の方の進学塾に送り迎えをしたり、片道2時間かけて私立に通わせている親もいます。

距離や交通費の問題もあるのでハードルは上がるものの、田舎から進学校を目指すことももちろん可能ですよ。

田舎の子育ては自然の遊び場が沢山ある

田舎は遊び場の宝庫です。

我が家は1歩家を出たら目の前に竹やぶや田んぼが広がっています。

窓からは太陽の光でキランと輝く山が見えるし、冬の風が強い日には、海の潮を感じられます。

娘は、庭にある土の山で滑り台をして、たんぽぽの綿毛をふー!して近くのお家に牛を見に行きます。

田舎の子育ては命と触れ合う機会が多い

虫や動植物が身近にある田舎暮らしでは、生命と触れ合う機会も多いです。

 

玄関に虫が死んでたり庭に卵を産卵したり…

ワシがミミズをつついてるのも見るし、パパが釣ってきた魚をさばいて食べます。

夫が釣った魚、今からさばいて食べます!-田舎で子育て

食物連鎖や命をいただく行為を間近で体験することができるのは、自分の存在を考える上で大きなキーポイントだと思うんです。

畑で野菜を種から育てて収穫するのも、父親が捌いた魚をフライにして食べるのも、便利になったこの時代では実はすごく貴重な体験なんですよね。

田舎の子育ては不便な部分もある

田舎での子育てには不便な部分もあります。

自分達で改善できることもあれば、仕方ないことも多々あります。

なので、田舎暮らしの不便な部分も理解しつつ、どうしたいかを考えれば良いんですよね。

  • 公共交通機関が極端に少ない
  • 大きな病院まで1時間かかる
  • 学校、習い事の選択肢が少ない

この辺は自分では変えられない部分ですね。

 

私たち夫婦は、そんな田舎の不便さと良さを天秤にかけました。

そして、子供や自分が求めている物に近い環境を考えたら「田舎暮らし」でした。

田舎暮らしが向いてないなら無理しない

「子供のために田舎が良い」

と思って田舎に移住してくる家族がいます。

でも、田舎暮らしが自分たちに合わないなら、自分たちの希望じゃないなら無理する必要はゼロです。

親が無理している様子は子供にも伝わります。

住む場所は生活の大部分を占めるかなり重要な選択肢。

「子供のため」と思って我慢して、ストレスを抱えて生活していては子供ものびのびできません。

親が笑っていると子供も笑います。

まずは親であるあなたが、楽しくのびのび生活できる場所を見つけてくださいね。

 

田舎での仕事探しが不安ですか?

「田舎に仕事ない」は嘘!田舎特有の仕事の見つけ方5選【若者&移住者必見】に、私が複数の仕事を見つけた体験談を書いたので読んでいただけると嬉しいです。

田舎で子育てをする価値を見出そう

私たち夫婦が考える「田舎で子育てのメリット」を10個紹介しました。

実際に田舎で子育て進行中の実体験なので、少々マニアックな部分が多かったかもしれません(笑)

いかにストレスを少なく生きるか?

都会と田舎両方で暮らしを経験した私たち夫婦は、自分たちが田舎暮らしを気に入っています。

その延長線上に田舎での子育てがあります。

今のところ親も娘も大満足の田舎暮らしです!

今日はここまで。田舎暮らしの参考にしていただければ嬉しいです。

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント