このブログで1番読まれている記事はこちら

【自宅英語教室の始め方】準備から独立開業までの5ステップ

自宅英語教室

自宅英語教室を始めたいけど、どうすればいいんだろう?

管理人まみ
管理人まみ

2018年夏に、自宅で英語教室を始めました。

その時の5つの順序をお伝えします!

 

この記事を読めば、自宅英語教室を開業するまでの流れが分かります。

こんにちは!現在、複業の1つとして田舎の山奥で英語教室をしています。

自分自身の留学経験と、塾や市民講座等で教えている経験から自分の教室を持ちたいと思うようになって開業しました。

他の仕事や育児をしながら、3ヶ月の準備期間で自宅英語教室を始めることができました。

実は、何年も前から自宅で英語教室をやりたい思いはあったものの、色々不安で実際に行動するまで時間がかかってしまいました(^_^;)

ところが、実際にやってみると開業までにやることや準備は、アレコレ考えていたより断然シンプル!

そこで今回は、自宅英語教室をやると思い立ってから開業に至るまでの5つのステップをお伝えします。

自宅英語教室開業までの手順は、以下の5つです。
1. スタートする日を決める
2. 対象生徒と月謝を決める
3. レッスンプランを2、3個用意する
4. 教室専用の連絡先を作る
5. 宣伝する
それでは、具体的に私がどんなことをしたのかお伝えしますね。

自宅英語教室を開くための5ステップ

実は、自宅英語教室を開くのは頭で色々考えているより簡単!

たったの5ステップで開講できます。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

自宅英語教室までのステップ 1. スタートする日を決める

まず、オープンの日を決めます。

そこが決まらないと準備ができません。

準備できたら始めよう、なんて呑気に考えていてはダメです!

それでは一生準備できませんから。

私がそうだったので断言できます!

■失敗談が気になる方はこちらもぜひ■
自宅英語教室を始めたいけど不安なときに必要な2つのもの

 

オープン日は新学期前や夏休みの前など、親御さんの意識が勉強に向く時期がおすすめ。

一般的には”大安”が良いと言われますが、普段気にしてないなら急に気にする必要はありません(笑)

私は単純に夏休み中、他の仕事が休みだったので7月にスタートしました。

自分の仕事に余裕があったのと、2学期需要を考えて夏休みが始まった週を選びました。

教室を始めるまでの準備期間は、部屋の改装などの工事がない限り、3ヶ月あれば充分です。

管理人まみ
管理人まみ

深く悩んだらアカンねん。

潔く!”なんとかなる精神”が大事や。

自宅英語教室までのステップ 2. 対象生徒と月謝を決める

次に、教える対象とレッスン時間、月謝を決めます。

対象年齢で準備するものが違います。

保育園児や小学生などザックリ決まっていると思いますが、年齢や学年も明確にしておくと準備が楽です。

 

月謝を決める時も注意ポイントがあります。

周りの相場を見ながら決めたらいいのですが、月謝は後から変更しにくいです。

相場より高すぎくても安すぎても、集客と生徒の質に影響が出てしまいます。

慎重に、慎重に考えてください。

同時にレッスン時間も決めましょう。

保育園児~小学生なら1時間以内、中学生以上は、90分が妥当です。

それ以上は子供たちの集中力が持ちません。

小学校高学年でも60分がしんどい子も多くいます。

自宅英語教室までのステップ 3. レッスンプランを2、3個用意する

教える対象年齢が決まったらレッスンプランを用意します。

レッスンプランは最初に2、3個用意することをおすすめします。

理由は、開校してレッスンが始まって追加で準備すべきものが出てきても、レッスンを疎かにしないためです。

レッスンプランと併せて宿題も用意しましょう。

後は、最初と最後はコレをするなどレッスンのルーティンがあると、子供たちもメリハリがつきます。

私のレッスンでは最初にある曲を踊って、終わりにシールがもらえます(^o^)v

自宅英語教室までのステップ 4. 教室専用の連絡先を作る

残る準備は後2つ!

ひとつは、英語教室専用の連絡先を作ることです。

連絡先はプライベートと分けましょう。

教室を辞めた後や、プレイベートな情報の流出などのトラブルを避けるためです。

 

写メやレッスンの様子などを親御さんと共有するために、私はLINE@をおすすめします。

LINEアカウントを作るには、新たに電話番号やスマホが必要です。

でも、LINE@なら、今持っているスマホでアカウントが作れます。

LINEをやってない親御さんにはメールが便利です。

特にこだわりが無ければ、Gmailがおすすめです。

管理人まみ
管理人まみ

LINEをやってないお母さんもおるからね。

電話番号はなくても支障ないです。

レッスン中に電話をとることはできないですからね。

自宅英語教室までのステップ 5. 宣伝する

さあ、ここまで準備ができたら、残すステップは集客のみです!

  • ステップ1(オープン日)
  • ステップ2(対象年齢、月謝)
  • ステップ4(連絡先)

が決まったら宣伝を開始!

遅くとも開校1ヶ月半前にはチラシやSNSで拡散したいですね。

  1. よく行くスーパーや小児科などにチラシを貼ってもらう
  2. FacebookやINSTAGRAMでシェアしてもらう
    ※どちらも宣伝費はかかっていません

 

新聞の折り込みチラシはオススメしません。

なぜなら、子育て世代で新聞を読む人が減っているからです。

新聞よりFacebookやINSTAGRAMなどSNSの方が確実に広まりますよ。

ちなみに、チラシはcanvaを使って無料で作ることができます。

少しの勇気で行動あるのみ

以上、自宅英語教室を始めるための5ステップを紹介しました。

アイデアや気持ちはあるけど始める勇気がない…

そんな方も多いと思います。

私もそうでした。

でも、実際に英語教室をオープンして分かったんです。

心配してても前に進まないって。

何年も勇気が出ずに英語教室が始められなかった私が、3ヶ月で開業できたのは少しの勇気があったからです。

先の先まで心配しない

新しいことを始めるのは誰だって、勇気がいります。

やる気と躊躇が交互に押し寄せて足踏みしちゃうんですよね。

ただ思っていてもチャンスはやって来ません。

全て行動あるのみなんです!

大丈夫。やってみてダメなら教室を閉めれば良いじゃないですか!

幸いなことに自宅の一角を使った教室は、初期費用が数万円で済みます。

Let’s make action!

資格がなくても大丈夫!

未経験でも心配しないでください。

開校してから、経験を積みながらオリジナルスクールを造り上げていけば良いのです。

自宅英語教室を運営するために必要な資格は特にないです。

持っていると好ましい資格や経験はありますが、必須ではありません。

■英語と人が好き

■日本の英語教育を変えたい

英語講師は、生きた英語を日本に広めたいという、熱い想いが求められる仕事です。

自宅英語教室から日本の英語教育を底上げしましょう!

教室にアルファベットマットを敷く我が子

自宅英語教室を開校させるための5つのステップを紹介しました。

根性論的な部分もありますが勇気を出すことがまず第一歩!

共に楽しくタメになる英語教育を広めていきましょう!

今回紹介したステップが教室開校の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました