このブログで1番読まれている記事はこちら

【自宅英語教室運営】教室を始めるまでに準備すべき5つのもの

自宅英語教室

どうも、英語系複業ワーママ・まみです。

 

2018年7月、物置&別荘状態になっていた

山奥の持家で自宅英語教室を始めました。

教室を始めるまでは不安と躊躇いがありました。

 

なんせ、地域に小中学校が1校ずつしかないような

少子化が進むど田舎ですから…

しかし開校3ヶ月目を目前にして生徒数2桁を達成。

今は複業ワーママとして他の仕事もしながら

自分だけの英語教室運営を楽しんでいます。

カウンターキッチンを世界地図で目隠しした教室

 

今回は、自分の失敗から学んだ

教室開校の最初でつまずかない為に

準備しておくべき5つのものを紹介します。

 

教材やソフト面だけでなく

事業主として必要な準備も含んでいます。

英語教室を始めようと考えている方の

参考になれば幸いです。

 

世界地図は英語教室っぽい雰囲気出るからおすすめ!

自宅英語教室を始めるために準備すべき5つのもの

自分でイチから英語教室を始めるって

ハードルが高いですか?

私、場所と勇気があれば始められるって

書きましたが、最初は躊躇いました。

 

準備したものは色々ありますので

「コレは用意・決定した方が良い!」と

感じた5つをリストアップします

【自宅英語教室の準備物】1. 生徒の対象年齢設定

何歳の生徒を教えるのか

必ず明確に考えてください。

管理人まみ
管理人まみ

ひとまとめに「小学生」じゃなくて

「何年生~何年生」って細かく設定してや~

おなじ「小学生」でも学年によって

出来ることも求められることも違うねん。

対象が定まらないと教室の家具の配置も

用意するもの考えられません。

 

例えば、保育園~小学生が対象の

英語教室なら机やイスを使わなくても

大抵のレッスンはできます。

逆に、ぬいぐるみやおもちゃ

英語の音楽などが必要です。

 

反対に中高生対象の教室(塾)なら、

机と椅子は必須アイテムですよね。

ホワイトボードや辞書、参考書なども

必要になってくるでしょう。

対象にする生徒の年齢を設定し、それに沿って教室を作る

【自宅英語教室の準備物】2. チラシ、集客ツール

個人で英語教室を始める際に

最も苦労するところが集客です。

 

生徒が居ないと何も始まらない!

そこで重要なのがチラシと集客方法です。

お金をかけろ!ではありません。

現に私は宣伝広告費を使わずに

SNSと口コミのみで集客しています。

 

どのように集客しているのかって?

  1. 無料チラシ作成ツールのcanvaでチラシを作る
  2. 準備段階からFacebookとInstagramに投稿する
  3. スーパー、小児科など教室近くのお店にチラシを置いてもらう
  4. 保育園で会うお母さんに英語教室始めることを話すorミニチラシを渡す

 

チラシを作って配るにあたり

コピー用紙とインク代、そして

ガソリン代はかかりますが

すでに家にある物を使ったので

新たな費用は発生していません。

 

3.と4.はちょっと勇気がいります。

でも、集客として1番効果的なのは

やはり「4.直接声をかけること」ですね。

管理人まみ
管理人まみ

うちの生徒さんはSNSから

問い合わせをくれた方と

直接話したお母さんから

広がった人ばかりやで!

 

このように、宣伝広告費をかけなくても

集客する手段はあります!

もちろん、最初からある程度の

人数を集めて開校したいなら

タウン情報誌や新聞の折り込みチラシ等の

有料広告を利用するのもひとつの手段です。

宣伝はSNSとローカルの両方から攻める

【自宅英語教室の準備物】3. 教材&レッスンプラン

スタディールームは元リビングルーム

生徒の年齢が定まったら教材が用意できます。

 

私は保育園から成人まで教えた経験があり

オリジナルレッスンを考えていたので

大抵の用意はありました。

子供が対象のレッスンならこんな感じでしょうか

  1. 色、動物、食べ物、乗り物、数字等のフラッシュカード
  2. アルファベット練習用プリント
  3. ゲーム用ミニカード
  4. 手遊び、ダンス用の英語の音楽
  5. カラーボール
  6. 色鉛筆(絵具)
  7. 英語の罫線ノート等々

私はオンラインの無料教材を活用しています。

 

最初に全部揃えなくても

レッスン内容に合わせて少しずつ

作成し、追加すれば良いのです。

 

中高生対象なら、問題集や文法の

プリント、参考書が必要です。

大人の英会話なら、会話のテキストや

洋楽の歌詞穴埋めプリントなど

勉強しつつ楽しめる教材が重宝します。

 

教材は生徒とレッスンに合わせて随時追加する

【自宅英語教室の準備物】4. 月謝の設定(教室の規約)

月謝や教室の決まり事は

かなり慎重に考えてほしいです。

後からの変更が難しいので!

 

実際に、私が感じた最初に

きっちり決めるべき項目は以下↓

  • レッスン時間
  • 1クラスの人数
  • 月謝
  • 年会費、教材費の有無
  • 欠席時の差し引きの有無
  • 振替対応の有無
  • 連絡方法、レッスンの様子報告の有無
  • 駐車場の場所、ルール

 

特に、月謝はなかなか途中から

変更できないので気を付けて。

 

管理人まみ
管理人まみ

月謝は地域の相場より安すぎても

高すぎても問題が生じるねん…

 

他にも、1クラス何人?

振替対応をするのか?

はたまた欠席の時は

月謝からいくらか差し引くの?

レッスンの様子は写メで

親御さんに報告する???

考えなきゃいけないことがたくさん!

 

記載された規約があると

保護者さんの不安も軽減されます。

 

月謝とルールは慎重に決める

【自宅英語教室の準備物】5. 開業届

個人事業主になってお金をいただくなら

「開業届」を提出しましょう。

 

「開業届」は開業日から

2ヶ月以内に法務局へ届け出ます。

手続きはとても簡単♪

管理人まみ
管理人まみ

1枚ものの用紙に屋号名や事業内容とか

基本情報を記入して、提出するだけやで!

開業届を出していないと

教室が軌道に乗って利益が出始めた時に

知らぬ間に脱税してた・・・

なんてことになりかねません。

 

そして青色確定申告もお忘れなく。

初期費用もかかっているので

最初は赤字かもしれませんね。

もちろん、控除もありますよ。

 

ちなみに教室を畳む時も同じ。

「廃業届」を法務局に提出します。

英語教室を始めたら開業届を提出する

【自宅英語教室】教材作りにはプリンタとラミネーター

3歳クラスまでに使う予定のおもちゃが小学生の教材にもなっている

積み木やぬいぐるみなど「おもちゃ」で

片づけられそうなものが

英語教室では立派な教材になります!

 

それに、プリントアウトやコピーに

高価なプリンタは必要ありません。

パソコンプリンタは持ってますよね。

自宅英語教室にも家庭用で十分です。

管理人まみ
管理人まみ

うちのプリンタも大活躍やで!

両面印刷が手動なのがちょっとな…

フラッシュカードやアクティビティに使う

ミニカードはラミネートすると長持ちします。

しかも、破れる心配も濡れる心配もありません。

せっかく同じ時間を割いて作るなら

ラミネートは絶対おすすめです!

ラミネーターも、ホームセンターや

ネット通販で購入可能。

管理人まみ
管理人まみ

A3対応やと、ポスターや画用紙

ラミネートできるから便利やで♪

こういうやつ↓

新しいものをわざわざ買う必要はありません。

敢えて買い足すとすれば、ラミネーター

ラミネートフィルムですね。

【自宅英語教室】準備するもののまとめ

自宅英語教室。

開校してから慌てないために事前に

準備しておくものを5つ紹介しました。

 

始める前は、私もそうだったように

レッスン風景を妄想したりして

「始まってから」に意識が行きがちです。

でも、まずは軸となる生徒の対象やお金のこと

そして運営について、しっかり考えるべき!

 

経費をかければ良いものが出来る…?

そう言うものではないのですから!

引き続き、私の自宅英語教室の運営や

レッスンについて経験も含めてお伝えします。

一緒に日本の英語教育の質を高めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました