このブログで1番読まれている記事はこちら

webライター初心者がクラウドワークスを始める際に知っておくべき3つの基本

webライター

webライターを始めようと思っているあなた。

管理人まみ
管理人まみ

ようこそ、webライティングの世界へ!

副業webライター歴4年のまみです。これまで、本業達や子育ての合間に300記事程書いてきました。

今日は私のこれまでの経験を基に、あなたがwebライターとして稼げるようになるための3つの基本をお話します。

これからあなたは、クラウドソーシングサイトを使ってライティングの仕事を探すでしょう。

特にクラウドワークスは、日本を代表するクラウドソーシングサイトで、常時数千件のwebライティングの案件が溢れています。

昨今、webメディアwebコンテンツはどんどん増えていて、記事を書いてくれるwebライターが必要不可欠。

なので、webライターはこれからまだまだ可能性がある仕事。

しかも在宅ワークや、副業としても取り組める仕事なのでニーズが高まっています。

しかし、ひとまとめにwebライターと言っても仕事内容や依頼主の要望、更には質も実に様々。

そこで今回は、執筆記事数300以上&副業webライター歴4年の私が、初心者webライターがクラウドワークスを使って安定的に稼ぐために知っておくべき3つの基本ポイントを紹介します。

それでは早速いってみよう!

webライター初心者がクラウドワークスを始める際に知っておくべき3つの基本

webライター初心者がクラウドワークスで稼ぐ

hamonazaryan1 / Pixabay

webライターの仕事って何だと思いますか?それは、クライアントが喜ぶ上質な記事を書くことです。

文字数稼ぎの文章を書くのはダメ。

あなたの記事が1人でも多くの方の目に留まり収益に繋がるのです。

結果、それがクライアントの満足度を上げて、あなたの報酬アップにも繋がります。

このように上質な記事を提供し続けることがwebライターの仕事です。

上質な記事が書けると、高い評価がついて仕事が入ってきます。当然ながら仕事が増えると、あなたの稼ぎも増えます。

webライターが上質な記事を書くためには知識が必要

では、どうすれば上質な記事が書けるのでしょうか?

誰でも最初から上手な文章が書けるワケではないです。

クライアントから評価される上質な記事を書くためには、ライティングスキルやSEOの知識が必須。

実は私も、各クライアントから渡される書き方マニュアルやルールを見て「なんでこんなに厳しいの?」「こんな細かい指示までされるの?」と疑問を抱いたことがあります。

そこで、webライターに求められる知識は、ただ文章をつづるだけじゃないことを知りました。

webライターを始めるなら、どうすれば求められるwebライターになれるのか?を知る必要があります。

重宝されるwebライターになることがあなたの収益に繋がるからです。

実は、多くのwebライターから支持され続けているwebライティングの教科書的な書籍があるんです。

ライティング基礎やSEO対策、コピーライティングについて学ぶことができるので、webライターで稼ぎたいなら一度は目を通しておくべき書籍を載せておきますね。

クライアントが喜ぶ記事を提供すると報酬アップに繋がる

あなたの書いた記事が検索上位表示され、そこから収益が発生したらクライアントはとても喜びます。

そして、それがwebライターとしてあなたに求められているタスクです。

クライアントが喜ぶ記事が書けると継続的に仕事が入ってきます。

すると、必然的に仕事量が増えて報酬アップに繋がります。

また、クライアントから高評価が付くとあなたの信頼度が上がってアピールポイントにもなります。

クラウドワークスにはスカウト機能があるので、自分から求人を探さなくても直接メッセージでオファーが届くようになりますよ。

反対にクライアントが満足する記事が書けないと、継続依頼には繋げにくく、収入は増えません。

残酷な話かもしれませんが、webライターはあなた以外にも世のにたくさんいるんですよね。

クライアントに求められるwebライターになる為のポイントは【おすすめの副業】稼げるwebライターになる為のポイント3つに詳しく書いてあります。

これからwebライティングを始める方に向けて書いた内容ですので、参考にしていただけると嬉しいです。

あなたが好きなことや得意分野を執筆すると長続きする

webライターを長く続けて継続的に収入を得たいなら、次のことを守ってください。

必ずあなたの好きなこと、もしくは得意分野について執筆してください。

webライターで安定的に稼ぐためには継続した仕事を得ること。

継続的に仕事が入る=継続した収入

継続的に仕事がもらえるwebライターは、充実した内容でクライアントが満足できる記事が書ける人です。

ということは、あなたはクオリティーの高い記事を書き続ける必要があります。

管理人まみ
管理人まみ

独身での子育て経験のない20代男性は、3人の子供を育てている30代女性と比べて子供の夜泣きやイヤイヤ期について経験も知識も無いから、充実した記事を書きたくても書けないよね?

webライターにはそれぞれの仕事や環境、そして経験によって、詳しく書けるジャンルと書けないジャンルがあるんです。

自分の提供する情報でクライアントが喜んでくれたり、書いていて楽しかったり、報酬以外でも心が満たされないとwebライターは続けられません。

ですから、webライターを長く続けたければ、あなた自身が経験豊富なジャンルからネタを出し続けてください。

webライター初心者が応募時に知っておくべきクラウドワークスの基本

ブログネタの探し方

geralt / Pixabay

では、実際にクラウドワークスで仕事を探していきましょう。

webライティングの仕事に応募にする際、案件には2つの種類があります。

  1. プロジェクト形式
  2. タスク形式

以上の2種類です。それぞれの特徴は以下のとおり。

1. 初心者OKのプロジェクト形式
⇒ 1文字●円、1記事●円の案件。マニュアルやサポートがあり、クライアントとのやりとりを通してwebライティングの基礎が学べて経験が積める。

2. 誰でも応募できるタスク形式
⇒ 1件5円~と低単価だが文字数が少なく自由度が高いので、報酬を得ながら
webライティングがどんな仕事なのか「体験」できる。

では、それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

プロジェクト形式の特徴

初心者OKの案件でも、プロジェクト形式は少しハードルが高めです。

テストライティングがあったり、クライアントが求めるスタイルに合わせたりする必要があるため各クライアントの要望に合わせた記事を書くのに時間がかかるからです。

ただ、プロジェクト形式には、1文字●円とか、3,000文字●円のように報酬が設定されているので、数をこなせばまとまった報酬がもらえるという利点もあります。

クラウドワークスでは、8割のプロジェクト案件が1文字0.5円~1.5円くらいです。

タスク形式の特徴

プロジェクト形式に比べてタスク形式は、単価が低いです。

その分求められる文字数は少なく、内容も自由度が高いのです。

タスク形式はプロジェクト形式の練習だと思ってください。

現にタスク形式の仕事を10こ完了させると、クラウドワークスから「プロジェクト形式に応募してみませんか?」といったメッセージが届きます。

ちなみに、私が書いたことがあるタスク形式の案件例はこんなかんじ。

  • 日記風の文章を500文字書いて10円
  • リフォーム業者や引っ越し業者を使った感想を200文字書いて5円
  • 簡単なアンケートに答えて3円 

報酬はかなり安いですが、1案件5分ほどで完成させるられるので、昼休みとか寝る前とかスマホからコツコツやってました。

タスク形式の案件をやった理由は、クラウドワークスの使い方慣れたかったのと、報酬を自分の口座へ振り込む際の手数料を稼ぎたかったからです(笑)

報酬未払、音信不通、悪徳なクライアントもいる

クラウドワークスに掲載されている全ての案件が安心・安全とは限りません。

中には、報酬が極端に安すぎたり、未払のまま音信不通になるようなブラック案件もあるので要注意。

私も何度か、未払いのままクライアントと音信不通になった経験があります。

金額にすると2~3万円、記事数にすると約20記事分です。

労働時間にするとwebライティングに注力した1ヶ月分!

他にも4,000文字書いて、画像も選定して400円というブラック案件に苦しんだ経験も。

修正も含めると、1記事完成させるまでに数日かかりました。

このような1文字0.1円の案件は、あまりにも割に合わずwebライティングがイヤになってしまうので精神衛生的にもおすすめしません。

特に副業でスキマ時間を作ってwebライターをしようとしているなら、尚更です。

クラウドワークスでwebライター初心者でも稼げる

webライター初心者がクラウドワークスで稼ぐ

webライター初心者がクラウドワークスで稼ぐためポイントを紹介しました。

クラウドワークスに限らず、誰でも最初は初心者。クラウドソーシングを利用する不安もあって当然です。私も始めた頃は使い方が分からず、慣れるまで時間を要しました。でも、求人を探したり応募して執筆したりしないことには何も始まりません。

数をこなすことで、自分にとって効率の良いクラウドワークスの使い方が見えてくるはず。webライターとしての心得を身に付けて、今の時代に合った働き方そして可能性を体感してください!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました